加害者・被害者意識について

「~された」「~してあげたのに」等
加害者・被害者の意識を持ってしまうことってありませんか?

ひとたびそうなると、他人を否定し批判し、自分が正しいという感情が沸き上がってきます。

そこに巻き込まれることは自我の思うツボで、魂意識(ハイヤーマインド)は、「そんなことはどうでもいい」のです。

全ては自己創造の世界ですから、自分主導の人生です。

加害者・被害者のマインドは、自分のストーリーでなく、他人のストーリーに足を突っ込んでしまっている状態。

メンタルブロックとしては、「~すべき」というべき論を相手に押し付けている状態です。

本来のあなたがここで気付くべきは、「自分が人生の主導権を握り直す」というメッセージです。

他人の行動は、他人の学びです。


それをコントロールしたり批判したりすることは、実は、相手ではなく自分を苦しめているということです。


より俯瞰的にみれるようになれれば「人生、何をやってもいい」 という許しの視点に立てるようになれます。

エネルギーを奪い合い関係でなく、心から楽しめる関係で在りたいですね。

Hisami

関連記事

  1. 高次元に繋がる前に必要なこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA